読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

エンド・オブ・ホワイトハウス

 

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]

 

近年観た映画の中では最もエキサイティン! したかもしれない。映画を観ながら何度絶叫したことか……

アメリカが自衛を理由に愛国心煽る映画は散々撮られてきたけれども、まさかこんな何の考えもなしに煽ってくるとは思わなかった! そもそも何の工夫もなく国籍不明の戦闘機がワシントンDC領空侵犯して攻撃してくるってのがまず想像の遥か上だったけど、韓国首相(!)がテロリスト軍団と共にホワイトハウスを占拠する展開はもう開いた口が塞がらなかったよ。いやーヤバイねこの発想。テロリストの手法が明らかに中東のIS由来の表現を参考にしていて、あーそうあっちの方の人種にできないからターゲットにしたのね。PCとか散々言ってる国がこんな映画とって愛国心煽るんだー、ってあーそうもしかしてその言い訳のモーガン・フリーマンでございましょうか?

コレ観てるアメリカ人って南北朝鮮の由来とかどれだけ認知してんのかな……とスーパー不安になりますね。っていうかラストの「南北分断とか知らねーけど俺たちは国を守ったし再建の希望がある」って、そういうこといってっからテロ喰らうんでしょうに……ヤバすぎだろ……

 

とまあ、別に政治的に色々主張があるわけでもない自分でさえ「うへー!」と悲鳴を上げてしまう作品でしたが、展開的には妙な引き込む力があり、なんか知らんけど2時間集中力切らさずに見られるのだった。色々伏線が台無しで、無駄に息子を探させてみたり、息子のホワイトハウス知識がほとんど生きなかったり、元同僚の裏切りも速攻バレたり、ケルベロスパスワードはブルートフォースアタックで呆気なくクリアされちゃったり、もうそういうツッコミどころを楽しむ映画なんだろうなきっと、うん。