ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

オリンピックと東京改造 交通インフラから読み解く

 

オリンピックと東京改造 交通インフラから読み解く (光文社新書)

オリンピックと東京改造 交通インフラから読み解く (光文社新書)

 

これこれ。これが読みたかったんだよこれ。都市計画にちょっと興味があって、オリンピックが東京にきてさあどうなるの? と思っている自分にとってはまさにドンピシャ。もっと先に読んでおけば良かったなあ。

ともあれ、この本に書いてあることはこれまで読んだ本や知識で大体聞いたことのある内容が多い。都市計画が招致からの数年で決まる、なんてのはまああり得ないよね。そこに改めて、「首都高や新幹線はオリンピックが計画を加速させたけれども、オリンピックのためにつくられたわけではない」というのを何度も何度も強調するのにこの本の価値はあるわけで。

でもって2020年の東京がそれほど大きく改造されるわけではない、というのも予算やらなんやらからロジカルに説明されるわけだけれども、いやーしかしほんと未来から目を背けたくなるオリンピックだよなあ。東京でさえ人口減少が避けられなくて、そんな中でどういう都市のデザインを行うか、というのはまあ大変な難題だと思うんだけど、そういうところに「新幹線!」みたいに具体的な成果が出てこないのは本当にしんどい。たぶんそれは日本橋首都高問題だったり、効率の上では悪い水路の整備だったり、そういう文化への舵切りだったりすんのかなーとは漠然と思うけど。いやはや、人間自分の老いに向かい合うのって大変よねえ。

あと、この本で一番驚いたのは「東京が鉄道の都市」って指摘。いやまあいわれてみれば納得で当たり前で気付かなかったんだろうって感じなんだけど、確かにこれだけ鉄道が発達している都市というのは珍しいのかー。文明開化の富国強兵で西洋に追いつこうとしたときに、まずは鉄道の整備を中心に都市をつくろうという意識になったのはナルホドって感心させられました。

ディザスター・アーティスト

 

まあ真っ先に『The Room』がどっかで配信されているかどうか確かめるよね。絶対観ても面白くないし後悔すると思うけど、それでもまあ観たいよね。とかいってまだ『プラン9・フロム・アウタースペース』観てないんだけど。まあホントのところそこまで積極的に観たいわけではないけれども。

っていうかこれ、『エド・ウッド』と同じヤツだよね。あるいは最近だと『レイダース!』なんかも近いか。っていうかなんか序盤で色々それっぽい人がドキュメンタリーっぽくインタビューさせられて、モキュメンタリーなのこれ? とか思ったけどJJの顔くらいは覚えていたのだった流石に。

まーその、とにもかくにも山場のプレミアム上映が最高で、あのシーンに創作者の苦悩がみんな詰まっているといってもいい。見ようによっては大変残酷なシーンだけれども、やっぱりさー、作品が何を指し示すかは作者のコントロールを離れているんだよね。作者の想像通りの感動は与えられないかもしれないし、意図に反してコメディと受け止められることだってある。それはある意味悲劇だけれども、同時に創作者にとっては何にも代えがたい奇跡でもあったりするのである。だからこそ創作を愛する観客は、無様に転んだ作品であれ、走り出したことそのものは祝福してあげたいよね、という……いやーほんと、あのプレミアム上映は、話としては結構ヤバいつくりをしている気もするけれども、創作者としてはたまんないだろうなー。

あとラストの字幕、主人公の年齢も金づるがなんなのかいまだに分かっていないというのが最高に良い。作品全体の吸引力であるブラックボックスが明かされないまま、現在のリアルな世界でも進行しているというあの底の見えない感じ。

いやー、やっぱ『The Room』観ようかな……

シャングリ・ラ

 

シャングリ・ラ 上 (角川文庫)

シャングリ・ラ 上 (角川文庫)

 
シャングリ・ラ 下 (角川文庫)

シャングリ・ラ 下 (角川文庫)

 

最近本の感想をあまり上げていなかったのはこの本を読むのにめっちゃ時間がかかってしまったからである。我ながら呆れるくらいに読むスピードが遅くて参った。ちょー参っちゃった。

もー本当に合わない。全然合わない。そもそも東京が森に覆われたのが炭素削減のためってところから思いっきりつまずく。植物による二酸化炭素の吸収って要するに炭素の固着であって、成長が終わってしまえば呼吸と光合成で釣り合いがとれるんじゃなかったっけ? だからもし本気で森林による二酸化炭素の削減を狙うんだったら、木を栽培して斬って栽培して斬ってをしなきゃならないんじゃない?

あとはもう経済活動に関するイメージももう全く合わなくてビックリした。本当にビックリした。金本位制から信用貨幣に移ってから今更炭素をベースにとか、そりゃあチューリップでもなんでもできるでしょうけど、それってなんか進化してるの? という感じ。カーボニストがすっごく賢く経済を動かせるというのももう全く意味が分からない。というか現在の経済の仕組みを考えている人たちが、あの程度の仕組みの金儲けを思いつかない理由がさっぱりわからんのだよなー。ましてAIの使い方なんか、いやまあこれは時代的に後出しでしょーがないのかもしれないけれども、まあ余りにもテキトーすぎて全然のれない。

いやまあそういう部分はテキトーに流しておいて、強烈なキャラクターの面白丁々発止を楽しむべき話なんだろうなーというのはわかる。マンガ絵のキャラクターでブーメランブオン! ってすればいいのはわかる。わかるんだけどさー、マンガ絵じゃないじゃん? 戦闘機の上でブーメラン投げて風の影響もなく戻ってくるって、画力とか演出とかなくてただ文字で並べられただけだと頭の中で「?????」が乱舞するじゃん。もう超絶スーパーヒロインであるはずの主人公が出所するエピソードから、「え? これでキャラ立てを納得しろって感じ?」と全く乗れず、そんな調子で最後まで読み進めてしまいました。つらかった。

フェンス

 

フェンス(字幕版)

フェンス(字幕版)

 

デンゼル・ワシントンが監督なのか。いやー腰の据わった良いものを見せてもらった。元々は演劇だったのね。序盤の長い会話のやり取りなんかを見て納得。

こういうビジュアルでこういうタイトルだから、つい人種間の隔たりをテーマにした作品かと思ったんだけどちょっと違った。いや、全然違うわけではない、というかむしろ大いに下敷きにしてあるわけだけど、ドラマの主軸はむしろデンゼル・ワシントンの内面とその表出としての家のフェンスに置かれてるんだよねー。ニグロ・リーグからジャッキー・ロビンソンの話がしてあったり、壁にキング牧師とJFKの写真が貼ってあったりするけれど、メインストーリーから公民権運動の話は不自然と言ってもいいくらい意図的に除外されている。あ、一応ピッツバーグの黒人初のゴミ収集車ドライバーになれた、みたいなお話はあるか。でもまあ、そういう表立って語らないバックグラウンドこそが、主人公が内面に澱を溜めていったことに説得力を与えている感じは、する。話としては家庭内暴力というか、父親の息子に対する抑圧を描いていて、もうこのクソオヤジほんとひでえなと思っちゃうと同時、まあしかしそう生きるしかなかったんだよねえこの父親はという感じもしてまあちゃんとしている。

しかしなー、日本兵に脳みそ吹き飛ばされたおじさんの運命が既に語られている手前、海兵隊の息子の未来をまともに考えるのが嫌でなあ……そういう部分も含めて、どろっとして良い映画でございました。

 

ギミー・ザ・ルート NYグラフィティ

 

グラフィティの話かと思ったらほとんど出てこなくて、むしろNYの貧しい黒人がどのように金を稼ぐかというなんだかんだあるシチュエーションで、うーん大変ガッカリしてしまった。

もちろんこういう視点で描く作品があってもいいと思うし、男女の奇妙な関係自体はなかなか魅力的に描けていると思う。思うんだけど、やっぱりグラフィティをテーマにしている以上、彼らがなぜ球場に忍びこんでグラフィティを描きたいと動機づけられているのかが、もっと密接に関わって欲しかった。夢の部分が余りにもステキなアイディアであるもんだから、その夢の失敗がポーンと宙に放り投げられたままのラストは、うーん全然納得がいかないなあ。ふたりの恋の話やるんだったら、グラフィティなんて全くいらないじゃないですか。

あとは相変わらず文化がよくわかってないんだろうなーとも思う。ニューヨークにおけるヤンキースとメッツの関係もイマイチ理解してないし、ジョギングする白人富豪女性と黒人の関係も、なんとなーく想像するだけでなかなか。あとあの盗みのプロの人のセリフ、三振法と関わってないのかしら? 次捕まったら4度目になっちゃうんじゃないのあれじゃ?

まーしかし、本当にグラフィティが彼らにとって何なのかがイマイチわかんなかったのが不満だなあ。そこだけ感じられれば満足だったんだけどなあ。うーん……

 

デンジャラス・ラン

 

デンジャラス・ラン [Blu-ray]

デンジャラス・ラン [Blu-ray]

 

うーんどうなんだこの映画は。まあなんだかんだ見られはするものの、こういう建て付けだったらもっと面白くしなきゃならんよなーと思う。CIA内での裏切りとか言われてもねー、別にどれが正しいってわけでもないし「そうだよねー」で終わっちゃうよねー。ウィキリークスに流すオチも全然ピンとこないというか、正義だのなんだのがそんな大事なキャラにも思えなかったよなあ主人公。

そうだよね、ライアン・レイノルズのキャラの問題がデカいよね。普段は部屋に引き籠もって延々連絡を待っているだけ、みたいな立場があるのはチョー面白いんだけど、その彼がドンパチに巻き込まれるステップがだいぶ無理やり感強いというか……もしもこれが、つまらない日々に飽き飽きしていた主人公君が、突然やってきたトム・クルーズ的展開にウキウキハッスルして飛び込んじゃう、みたいな見せ方だったら全然違ったのかもしれないけど。

あと、なんだかんだデンゼル・ワシントンの役割も中途半端というか……他人の心理を操るという属性がもうちょっと効果的に出ないとダメなんじゃないかなあこの役割だと。各所各所で気の利いた動きはしていて「ただものじゃないなあ」って感じは出ているのだけれども、もう少しアクション以外でキャラ立ちして欲しかった。廊下をウォーキングショットはスタイリッシュすぎて笑っちゃったけど。

疑惑

 

疑惑

疑惑

 

最高。こんな傑作の名前も知らなかった自分の不見識を恥じる。桃井かおりと岩下志麻、二大怪獣の大激突って感じでもう最高。

まあ何はなくとも桃井かおりが良い。良すぎる。もうこんな難しすぎる役柄を、まあよくも魅力的にあんな風に描けるもんだ……いやー、本当に溜息しか出ませんよ。本当に素晴らしい。

のだけれども、私としましてはだいぶ岩下志麻びいきなところがありまして、いやまあとにかくお美しゅうございますね。映画の中で唯一合理的で理性的な存在、みたいな所もございますが、そんな彼女がラストで娘にプレゼントを渡して去って行くあの後ろ姿と言ったら……うー、最高。

あと脇役含めて登場人物も好きがないですね。決してリアルだとかいかにも映画っぽいとかそういう芝居じゃないと思うんですけど、この映画なりのリアリティで十分以上に各役割を演じているなーと。ってかあの山田五十鈴ですか、あの存在感なんですか。泥水啜ってとか言われたらそりゃあへへえって土下座でございますよ土下座。

お話もさすがは松本清張、靴のトリックはだいぶ無理やりでミスリードが過ぎるし、鹿賀丈史の役割もだいぶ都合が良すぎるなあとは思うものの、それでちゃんと真実を良い塩梅で隠しているんだからさすがだよなー。真相がわりとありがちでシンプルだからこそ、そういった見せ方とか意識の誘導とかに職人技が出てるなーと思いました。

いやまあしかし、あの大詰めの怪獣大決戦だけでも見て欲しいですよね。もうあれが見られただけで最高です。本当に最高。