ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

絵文字の国のジーン

 

絵文字の国のジーン [Blu-ray]

絵文字の国のジーン [Blu-ray]

 

だいぶひどい評判を聞いていたからドキドキしながら見始めたけど、あれ? そんな最悪っていうほどじゃなくね? ユア・ストーリーもそうだけど、最近ちょっと最悪の定義が軽すぎませんか? もうちょっとさ、『deep love アユの物語』みたいなのもってこいよ!

なんといっても設定が悪いのはわかりきったことで、頭も大して良くないんだからそんな『インサイド・ヘッド』みたいな二面作戦はやめなさいよー。外と内でドラマが並列して走ることで生まれるカタルシスとか全然考えてない脚本で、まーふつーにラストとか噴飯するよね。なんとなくそういうことがしたいのはわかるけど。突然のプリンセスのポリコレ感とか、雰囲気で脚本を作っているのが丸わかりで本当に頭が悪いです。悪い意味で。

でもまあちゃんとそれぞれ絵文字の役割に合わせたギャグとかアイディアとかは詰まっていて、カメラワークやらCGやらデザインやらの出来もだいぶちゃんとしており、そういうストーリーを考えない映画としてはまあまあちゃんとしていて、それを味わえばいいんじゃないですかね。そういう見せかけだけの上等さを「子供向け」とかいっちゃう神経は嫌いですが、まあしかし子供向けといいたくなる気持ちはわかる。嫌いだけど。

 

あとこのストーリー、穿った見方をすると結構面白いところもあって、一番感情移入できるドラマが作ってあるはずの「フーン」両親特に妻が、しかし「フーン」の顔しかしていないのがどれだけ不利に働いているかがわかるんだよねえ。声とか動作とかでは大変悲しい芝居をしているはずなのに、見かけの表情がズレているだけで大きく感情移入が阻害される。まあそれは表情の話だけど、キャラクター性ってある種の記号であるわけで、それって逆に「記号に囚われない物語を語ることの困難さ」を語ってもいるんだよねえ。

ウサギはウサギのアイコンとしての役割を求められるし、オオカミはオオカミとしての役割を求められてしまうのは、記号の宿命なんだよね。プリンセスはプリンセスとして登場する以上、プリンセスとしての振る舞いを期待されてしまう。そこにはプリンセスとしての振る舞いに囚われるな、というアンチプリンセスの期待も含まれるわけで。記号って当然のことながら固定した役割から逃れられないんだよねえ……。

だから、ラストシーンで「どんな表情も出来る」と擁護されるジーンの記号としての無意味さに、我々は噴飯してしまうわけで。いやー、もうちょっと頭良くストーリー作れなかったのかなー。『ズートピア』までやれとは言わないけどさー。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

dq-movie.com

『デビルマン』とかまで引き合いに出して騒ぐもんだから危うくスルーするところだったよ。なにこれフツーに面白いじゃん。確かにラストはだいぶ滑っているけれども、別にそのくらい良くね? 何にも挑戦せずにただ大人しーく原作をなぞるだけのクッソつまらない映画化の100万倍好感持てたよ。

ってかそもそも、はっきり言って日本でこういう3DCGアニメが成立するってことが驚きで、この短い時間に原作のエピソードの情報を圧縮しつつちゃんと面白く料理してるのってほんと信じられないんだけど。映画うますぎない?

ビアンカ/フローラの下りとか、アレンジ含めてあの尺であんなにグッとくるドラマにするのってかなり至難だと思うけど、それが見事に成立してるよねー。ふられた側があと引かずにああやってまとめるのってマジ脚本が冴えすぎでしょう。

過去に戻る下りのパパスを遠くからしか出さない演出とかも映画わかってんなーって感じだし、その後マスタードラゴンの背中でビューってはっきり省略しているのも、まあ当たり前といえば当たり前なんだけど、来て欲しい流れがキターって感じで最高。

なによりラストの親子バトルの長回しが時間のコントロール含めてうおーこれこれって感じで、もうアベンジャーズより良かったくらいだよ。ってかアクションのアイディアがいちいちちゃんとしていてさー、こんなの見せられたら、後半のストーリー展開なんて割とどーでもよくなっちゃいません? マジで。

マイ・ライフ

 

こんなにストレートでいいのか。余りにも愚直に何の捻りもなく泣かせにきたのでビックリしてしまったよ。つくりとしてはだいぶ反則級のアイディアがポンポンポーン! とやってきているように思うんだけれども、あまりピンとこなかったのはなんでだろうか? 主人公の性格がいけ好かなかったからかなあ……こういう話って主人公に乗れるかどうかってかなり重要よねえ。妻にビデオを見つかった下りとか、エゴイスティックな主人公がどうやって自分のエゴに向き合って自分の人生の意味を見つけ出していくか、というつくりのはずなんだけれども、そこら辺の印象がだいぶ弱いのが不満なのかなー自分。

あるいは身内でこういう看護をしたことがあるかどうかってのもデカいんだろうなあ。エグくやろうと思えばいくらでもエグく出来るところをこのくらいでセーブした、みたいな感じもまあまあする。

まーしかしもうこういう作りで映画を一本取ってしまおうというその覚悟を褒めるところなんだろうなー。反則級、と感じてしまう構造を選び取れるってのはもうその時点で大勝利感があるもんなー。そこは素直に認めなければなるまい。

絵師で彩る世界の名画

 

絵師で彩る世界の名画 ([実用品])

絵師で彩る世界の名画 ([実用品])

 

最近は絵画について色々見たり調べたりしているのでこういう切り口もアリなのかなーと思って買ってみたんだけど、いやあ蛮勇。蛮勇というのはこの絵のためにあるような言葉。

まあとにもかくにも当たり前だけど無残で、いくら今の技術が進歩したからってあーた、そんな美術の世界で評価されてる作品と並べて見られるとかそんなことあります? これはもう企画がヤベーとしか思えない。ヤベー。

いやまあ口上はなるほどなーって思うんです。ゴッホだってピカソだって模写しまくったと。ゴッホは背景に浮世絵とか置いたと。ラス・メニーナスとかもう50枚以上も書いたと。だったらまあその延長線上で、世界の名画をガンガン模写しちゃっていーじゃんと。模写して再解釈してガンガン新しい命を吹き込んでいこうと。

まーそれはわかる。理屈としてはわかるんだけど、いやー実際読み始めるとですね、ページの左に大きく現代のイラストレーターが描いた絵が載ってて、右に小さく見本とその解説が載ってるんだけど、まあ右しか見ないよね。ふへーこの名画ってそういう背景があったのかーって大変勉強になる、のだけれども、まあそれで左の絵はほとんど見ないで終わってしまう。後ろの方にまとめて、イラストレーターがどういう意図でこの絵をこうアレンジしたか、みたいなのが載ってるんだけど、せめてそれを一緒に乗っけて欲しいよなーとは思っちゃったのだった。

デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜

 

デュー・デート ?出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断? [Blu-ray]

デュー・デート ?出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断? [Blu-ray]

 

『ハング・オーバー』に出てきた役者だなーと思ったら監督も同じだった。なるほど言われてみれば確かに結構つくりが似てる感じはする。

あっちのシリーズは回を重ねる毎に失速していくというか、最初のアイディアがまあ奇跡的だったのだなーと思うけれども、こっちはストーリーがシンプルなロードムービーだけあって期待したものが期待したとおりに来る感じ。まあ何を置いてもロバート・ダウニー・Jrがちゃんと仕事をしているというか、キャリアのイメージを上手く使いながら大変良い演技をしているなーという感じ。ほんとこういう役はピッタリすぎて笑うなー。

遺骨をコーヒー缶に入れて運ぶというシンプルなアイディアがめちゃくちゃちゃんと機能していたり、グランドキャニオンでのひっくり返しが過不足なくちゃんとしていたり、トレーラーでカーチェイスなんて面白映像を見せてくれたり、まー大変満足である。物足りないところがあったとすれば……えーと、犬をもうちょい活躍させてくれても良かったなーってところくらい?

しかしロバート・ダウニー・Jrが芝居のコーチングしたりハリウッドがどーだこーだいう部分はまあ面白くなっちゃうよね。せっかくだからストーリー中にも芝居で危機脱出とかあれば良いのにとかは思った。

 

フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館

 

フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館 [DVD]

フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館 [DVD]

 

立て続けにアートの映画である。

ナビゲーターが謎。お前だれやなんでそんなスーツきてるんや。っていうかメディチ家は有名人が多すぎてよくわからん。もうちょっと差別化して欲しいです。

内容的にはフィレンツェのあれやこれやは多少なりとも知っているもんで、あーはいはいクーポラねーとかポンテ・ベッキオが見えるなーとかまあだいぶ楽しかったんだけど、ウフィツィの至宝をダダダダダーって並べ立てられると、いやー改めて壮観ですなー。っていうかその前のサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂とかヴェッキオ宮殿とかでもうだいぶ満腹感があるのに、なにあの歴代ラスボスが突然束になって襲ってきた! みたいな感じ。っていうか「春」「ヴィーナスの誕生」って同じ美術館にあったわけ? ダヴィンチもミケランジェロもラファエロもあるのに? ずるくね? ずるくね?

印象深かったのはアルテミジア・ジェンティレスキで、そもそも女性画家ってあんまり知らないなーという中で、あんな過激な絵がドガッと出てきて大変ビックリした。しかも結構フェミニストが研究対象にするようなバックグラウンドがあるみたいで……うーん、大変興味深いなあ。

あと、いくら美麗な映像でも絵画って動画での見せ方には趣向を凝らしづらそうだよなーと思って見たところ、ミケランジェロの「ダヴィデ像」はここぞとばかりの過激ライティングで笑ってしまった。アレはやり過ぎでしょ!

赤い風車

 

赤い風車 [DVD] FRT-200

赤い風車 [DVD] FRT-200

 

ムーラン・ルージュ! あー、バズ・ラーマンでも出てた画家の人なのね……とか思っていたらゴッホが立て続けに出てきてビビる。いや冒頭で時代がドンピシャだったしモンマルトルにいたから会ってそうだなーと思ったらバッチリ出てきてるじゃん! というかあとでゴッホの肖像画とかも書いてるじゃん! 適当に再生しただけなのでビックリした。実は同じ門下だったのね。

でまあロートレックなんだけど、さすがにこのレベルならオレも知ってる知ってる見たことある。そーかーこういうところにもジャポニズムの影響があったりしたのね、とだいぶ納得。そういやリトグラフも浮世絵も大量生産品だもんなー。そんな作家が美術館に飾られる、というのはなるほど確かに時代の転換点ではあったのだろーなーと思う。

映画の内容は、まあわからんでもないけど偏屈な芸術家が自尊心と女性関係に悩みながら身を持ち崩すってアレで、いやまあこんなにストレートで良いのだろうかとも思う。いやいやそこはフツーに申し出受けろよとか言いたくなるけれども、そういう性格だったらもっと楽に生きられた人の話だしねえ。というかこの時代にアブサンが出てくると「あーもうこれは無理だ」って感じがしてこわい。