読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

ワールド・ウォーZ

映画

 

原作小説を読んだからめんどくさいことを言うけどコレって別にWWZである必要ないよね? っていうかなんでゾンビ走るの? 映像的に鈍いゾンビだと成立しない、ってことかもしんないけどさ、それってWWZのいいところを大きくスポイルしてるよね。ゾンビのおかしみも含めて真剣にシミュレーションしたからこそ、原作小説の世界規模の連作短編に説得力が出たわけで、マジックの再現を目指さずにこの名前を借りる必要ってあんの? あの原作を家族を軸にしたダイ・ハードな有名男優の大活劇にしてる時点でやっぱ根本的に企画が変わってない?

という疑問が常に頭につきまとう本作ですが、ゾンビ映画としてはまあまあ悪くないんじゃないかなーという感じがします。なんと言っても物量のあるゾンビが波になって襲ってくるビジュアルは見応えがある。空撮シーンが多いのもあって、オーなるほど確かにこういうのはそんなに観たことないかもしれないな、と思う。あとゾンビがまるで容赦ないのもいいよなー。CGかなんかしらないけど、あんなにダイナミックに突っ込んだりダイナミックに殴られたりするゾンビが連発するとビックリしますね。

しかしなー、さすがにラストの茶番っぽさはないよなー。あそこで自分にワクチン打つとか普通すぎてそんなに引っ張る話じゃないでしょう。ラストを撮り直したみたいな話をどっかで聞いたことがあったからかもしれないけど、どうもこう、とってつけた感じの終わり方に見えてなぁ。