読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

激突!殺人拳

 

激突!殺人拳

激突!殺人拳

 

わははははははははは!! すげえ!! なんだこれ!! サニー千葉の出世作なのか! いやあ! いやあ! いやあすげえ!!

正直なんでヒットしたのか全然わからなくて、ストーリーなんてあってないようなもんだし殺陣もイマイチアイディアに乏しいように思えるし登場人物の芝居もできているようには思えない。突然強いチビ館長と差し込まれる回想の唐突さには「ドッヒャー!」だし、偶然すぎる兄妹の再開は「わっはっは」だし、バイクで突っ込む取り巻きくんは「え、何したかったの?」って感じ。ってかたーれんたーれん言ってんのね。ダーリンかと思ってすわホモかと。ラストのどうでも良い感じはマジですごいよね。え、コレで終わりなの? っていう。

でもまあ、そんなこんなも千葉ちゃんの説得力の前では全部吹き飛んでしまう。なんなのあの顔。なんであんなに顔濃いの? ブルース・リーの5倍濃縮くらいの顔芸に完璧にノックアウト。関根勤しか知らんかったので「いやさすがにモノマネ盛りすぎでしょう」とか舐めてたんだけど、盛ってるどころかむしろ足りない。全然足りない。そしてその表情から繰り出されるあのなんだかよくわからない身体動作! ぱっと見全然強そうには思えないしかっこよくもないんだし説得力もないように思えるんだけど、それを全力でドカンとやられるともうスクリーンに釘付けになるしかない。いやほんとなんなんだ千葉真一。すげえな。