読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

ジョン・ウィック

 

いやあ、これ導入が素晴らしいなあ。馬鹿息子を周囲の人間がどのように扱うかでジョン・ウィックを立てるあのシナリオはもうこの映画の価値の半分くらいをあげてもいいと思う。犬を埋葬するあのカットからのー、というのは本当に参りましたって感じ。なんの説明もなくジョンが赴く車屋とか、コインでさりげなく示される闇社会のルールとか、そういう語りすぎないストーリーが大変素晴らしい。

惜しいのは中盤以降「語るべき背景」すらなくなってしまったことで、いやもちろんジョン・ウィックの格闘を見せるのがこの映画の主眼で妙なストーリーは不要、という割り切りは大変よくわかるんだけど、でもやっぱりクライマックスにああいうコトする以上もうすこし物語でエモーショナルな起伏をつけてあげた方が良かったんじゃないかなあ。ラストの戦闘なんて茶番にしか見えて仕方ない。

あ、そうそう主眼のジョン・ウィックの格闘だけど、いやー堪能させていただきました。冒頭の廊下の揉み合いナイフ格闘の泥臭さが大変良いよね。近接距離でどれだけ相手を確実に殺せるか、みたいな戦い方。ただ純粋な肉弾戦では結構弱い所もあって、そこら辺のバランスでハラハラドキドキしながら見れるのも悪くないと思いました。