読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

メロディ・リリック・アイドル・マジック

 

うーん最高。石川先生本当に上手い。上手すぎてもうぐうの音も出ない。すごい。

何がすごいってリリックで、もちろん元々言語センスが図抜けてるなーと思っていたし、キャラクターの掛け合いや内心の声でこれでもかと連投される面白ワードはもうただそれだけで小説を読む快楽を思い起こさせてくれるんだけど、それより何よりリリックがすごい。音楽小説において音楽をいかにして読者に伝えるかというのは常にテーマであるのだろうけど、音楽は視覚表現として現すことである意味バッサリと切り捨てて、クライマックスは「初見のアイドル曲の歌詞」とそれを歌うヒロインの内面描写で乗り切ってしまおうというその大胆さ! すげえ! 信じられねえ! 好きな曲なんて普通何度も何度も曲を聴いているウチに歌詞がジーンと響いてくるのが普通で、曲を聴かずに初見で歌詞カードだけ見てもいまいちピンとこなかったりするじゃないですか。それが当たり前じゃないですか。それを。それを。この作家は、初見の歌詞で感動呼び起こそうって試みて、しかもそれたぶん成功しちゃってるんです。でもってそれは、この作品の大体の効かない唯一の支点として物語上機能してるんです。いやあいやあなにこれ? 信じられん。マジで意味わからん。ほんと、もうちょっと売れて欲しいよなあ……

唯一ケチつけるとすればたぶん挿絵で、いやまあきちんと世界観のある絵柄だしキャラも可愛く書けてるんだけど、アイドルってもう少し会場の広さとか観客席との対比とかで成立するものとして描いた方がいいのかなーと、イラストを見て気づかされました。

 

あ、あとこっからは全くの余談なんだけど。

百合とアイドルの関係性ってどう捕らえれば良いのかなー。いやもちろんコレをある種の百合と捉える人がいるのはもちろんわかるしそれはそれでアリだと思うんだけど、オレにとっては全然百合ではないんだよなー。百合もアイドルも一瞬を永遠に切り取るような働きがあるのは理解しているつもりなんだけど。うーむー。

ということを考えるとそもそも百合がなぜ他者を必要とするのか、みたいな所を考えねばならぬのか。そうか老いていく運命があることと、同性の他者を求めることには、表面上なんの関連性もないもんなー。極端な意味づけをすれば、それは母親になり生命を繋ぐことへの拒絶、なのかもしれないけれど。

ということはアレか。成長がポイントなら、アイドルは卒業があることがアレなのか。しかし学校にも卒業あるか。ついでにメンバーが入れ替わっても組織として機能し続けるなら、それはモー娘。的なアイドルと類比関係だよなあ。

わかんねー。母娘の関係とか絶対重要なはずなんだけど、そこら辺の肌感覚はサッパリ理解できねーからなー。1回ちゃんと百合の本とか読んで考えてみようそうしよう。

野火

 

野火

野火

 

塚本晋也の方。すげー評判良いしこりゃちゃんと見なきゃなーとずーっと思っててようやく観れたんだけど、あーだめだ。オレこの映画ダメ。ちゃんと見られない。いやグロとか割と普通に見られるんだけどそういうのじゃなくて、カメラ。フラットで広角で手持ちでいかにも低予算って感じのカメラ。もちろん映画にとってカメラは要素のひとつでしかなくて、そのほかにも色々見るところはあって、だからカメラがあーだこーだで映画から引いちゃう、っていうのは全然良くない態度だと思う。思っていても、ダメだー! 「なんでこんなにテレビドラマっぽい質感になっちゃうんだろう」っていう技術的な所ばっかりが頭の中を満たして全然作品に集中できない。この絵作りの中でどんなシリアスなドラマをやられても、所詮ドラマねドラマ、っていう感覚がいつも頭のどこかに張り付いている。建物が燃える映画随一のスペクタクルシーンも、「赤いライトだー」とか「なんでそんなズームするの?」とかもう超どうでも良いところに気が散って見てらんない。妄想シーンなんか「あー昔のカラオケとかで良くあるよねこういう環境映像エフェクト」とか思っちゃって失笑してしまう。あーダメだ。ダメダメ。題材はショッキングだしねちっこいところすごくよく出ているし役者も味があるしわかるんだけど、わかるんだけどー、オレはダメ。無理。

ドライヴ

 

ドライヴ [Blu-ray]

ドライヴ [Blu-ray]

 

最初のエピソード一発で参りましたって感じ。あれだけの台詞でいきなり主人公の有能さを立てちゃうんだからホントすげーよなあ。いや、主人公のキャラクターの良さがこの映画を根本から支えていると思います。

で、このままトランスポーター的なヤツをやるのかなーと思ったら一転、何事もなかったかのように彼の表の世界での生き方を描き、まあその輝きっぷりが素晴らしくてたまんないもんだから、そりゃもういやーな予感が蓄積されて蓄積されてドッカーン! というまあお手本のようなシナリオ。エンディングがヌルいと言えばヌルいけど、いやしかしあそこで死なずしかし帰らずというのは見方によっては一番ハードな解法でもあるわけか。なんか、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』とか思い出しますね。

スローモーションもきついといえばきついけど、しかしここまでしっかり作品の意図と合致してるともう何も言うことないよなあ。本当に手慣れた演出という感じ。しかしなあこれ音楽だけはなんとかならんかったのか。ヒューマンビーイングとか言われてもちょっと浮いてないですか? ピンクの文字も途中からだいぶ慣れて味があったけど、音楽だけは終始乗り切れなかったなあ。

ヒューゴの不思議な発明

 

まあズルい建て付けでこんな題材映画好きだった肯定してしまうやないかーい! というガード不可攻撃であり轟沈。ほんとにズルすぎるでしょコレ。スコセッシはなんだかんだゆーて作品に適した演出スタイルをとる人なんだなあ、というのが最近ようやくわかってきたので、ここまで徹底的にジュブナイル的なエンタメに徹されたらもう、心から拍手を送らずにはいられませんよコレ。

とにかく映画への思い入れが詰まりまくっていて、文学少女だの歯車と機械人形とハート型の鍵だの、イマジネーションの世界へ誘うあれやこれやがもう山盛りなワケです。でも超常現象的なことはなにひとつ起こらず、異世界への扉担保しているのが映画そのものであるというそのバランス感覚がもうたまらん。そうよなーそれが映画に薫陶を受けて映画を作り続けてきた映画監督の矜恃よなあ。映画そのものがある種のファンタジーだもんなあ。

機械と映画の間には実はちょっとした隔たりがあって、そこをどう埋めるかは難しい所だと思うんだけど、「街が機械である」「機械部品には全て意味がある」から飛躍して「街の一部である自分にも意味がある」という、その一点で物語のテーマを勝ち取ったその文芸も見事だよなあ。機械人形の部品から映写機を創る、みたいなアクロバティックなエピソードがちゃんと機能している感じ。

唯一の心残りは「なんで3Dで見なかったんだろう?」ってことくらいかなあ。メリエスなら3Dで何を撮ったんだろうなあ、とつい妄想してしまう内容でありまして。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

 

「ザ・ファースト・アベンジャー」からは打って変わって魅せる映画になっていて良い。監視システムと自由という題材がテーマになってようやくキャプテン・アメリカが象徴として機能しだして本当に安心した。まあ、あまりにわかりやすすぎる図式ではあるけれども、「キャプテン・アメリカ」なんて名前を全面に出しているのだから、このくらいわかりやすくても文句ないよね。

素晴らしいのが時間が経過していることをきちんと作品の展開に織り込んでいることで、前作で呆気なくやられすぎた「ヒドラ」が長い歴史を生き延びてきちんと対立するのにふさわしい格を備えていて良い。いや、確かに列車からの落下はいかにも「伏線でっせ」というしょうもないドラマが急に来たので、ライバルの正体なんか一発目から丸わかりだったわけだけれども。それでもまあ、適切などんでん返しと語り口で楽しませてくれる作品だと思った。

唯一違和感があったのはサミュエル・L・ジャクソンが死ななかったことで、あーこの人またこんな役で死ぬんだすげー! ってオレのドキドキを返して欲しい。っていうかこういうどうしようもない役で無様に死ぬのってどこでイメージが付いたんだ。変なの。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

 

アベンジャーズ』に色々謎はあったけど、一番疑問だったのが「キャプテン・アメリカってなんなんだろう」ってところだったので、それが解消されるのかなーと思って観た。

全然疑問は解消されなかった。

うーん、なんなんだろうキャプテン・アメリカ。いや、キャラクターの生い立ちとかそういうことじゃなくて、何を象徴しているのかなあ、って話。まあ「アメリカ」という名前であのカラーを背負っているわけだから、そりゃあそのまま「アメリカ」の象徴なんだろうけれど、でも本当にあのキャラが「アメリカ」って言葉を背負っちゃってOKなの? とすげー疑問に思う。自分がアメリカの文化をイマイチ理解してないってことなのかしら?

でもなー、これが例えば「トム・クルーズ」だったりしたら、ピンときちゃったりするわけですよ。ふむふむ、なるほどこれがハリウッドのセルフポートレートね、みたいな。でも、「キャプテン・アメリカ」が背負っているアメリカと、自分がイメージしているアメリカの間には、微妙なズレがある……という言い方はちょっと変だな。むしろイマイチ「ピンとこない」という表現の方がしっくりくる。

うーん、『シビル・ウォー』とか観たら、その印象も変わるのかしら?

アントマン

 

アントマン (字幕版)

アントマン (字幕版)

 

エドガー・ライトの映画だとばっかり思っていたのだが、監督違っちゃってたのね。「お、エドガー・ライトだね!」みたいなユーモア溢れるシーンの素晴らしさと、そのユーモアを映画の中でうまく機能させられていない監督の手腕に、絶望的な才能の差を勝手なイメージで感じてしまって辛い。いや役割分担はオレの想像にしか過ぎないけど、ともかく歪な演出の完成度に閉口。

いやだって、部分部分は最高に素晴らしいじゃないですか。ヘリコプターから落下するケース内での戦闘の素晴らしさはもう図抜けていて、それまでアントマンのアクションをどのようなスケールで扱って良いか混乱していた作品が、同じサイズのライバルを迎えることでようやく正しい描き方を手に入れるわけですよ。外の世界は完璧に切り離されたケースの中、粘性の強い世界で描かれる、重力無視のミクロバトル! プールに落下するあの瞬間まで、本当に素晴らしすぎて失禁するかと思った。

のだけれども、そこから先の展開がちょっとひどすぎませんか。いや、トーマス模型を使ったアクションは素晴らしいと思うんですよ、ユーモアたっぷりで。でもそのバトルの間に入れる人間スケールの視点、なんであんなに冷水をぶっ掛けるような演出を続けるの? なんでクライマックスで子どもがミクロのお父さんの戦いを見つめてるシーンで、わざわざ静寂挟み込んで「こいつらの戦いは所詮このスケールなんですよ、ほら、皮肉が効いてるでしょう?」みたいに現実を全面に出すの? 信じられない!!

中盤以降アントマンの縮小拡大バトルの素晴らしさや、アリを使役して戦うヒーローの目新しさなど、優れた表現はたくさんあっただけに、本当に残念な作品。ってかそもそも序盤から、語り口のこなれてなさがきつかったよなあ。