ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

世界を変えた書物展

上野の森美術館 - 展示のご案内 - 世界を変えた書物展

てっきり稀覯本の展示かと思ったら、もっとテーマを絞って科学史の重要本が並んでいるのだった。古書というマテリアルを用いることで、美術館で科学史を紹介するという発想が大変素晴らしくて、うおーなるほどーと感心しながら見入ってしまった。いやはや自分みたいな歴史と科学の上っ面をぼんやり追いかけている人間にとっては、大変面白い展示だった。

単純に進歩を追いかけるのかというとそうではなく、なぜその技術がその時期にその国で生まれたのか、みたいな世界史的な背景が裏に見えるのが大変面白い。展示は写本ではなくて活版印刷が中心になっていて、だからイスラム経由の知識がヴェネツィアあたりから出版されはじめるよなーという辺りは納得感があるし、ライデンとかが出てくるのはやっぱオランダの時代があったんだなーって感じ。国力の充実は文化の隆盛を呼ぶのだなあ……と脳内年表と組み合わせて展示を見終えたら、最後にちゃんと時代に合わせた出版点数の変遷が描かれた映像が流れて「これこれ! これが見たかったよ!」となったのだった。あーはいはいここらへんがナポレオンね、とか、プロイセンはやっぱ強いなーとか、そういう確認ができてめちゃくちゃ勉強になった。

科学史でニュートンとアインシュタインが偉大だったのがビジュアルでわかったのも収穫であった。体系を作るってのは様々な知識を包括してまとめ上げるってことなのだなーというのを実感。しかし「光」に関する研究ってのは別の分野に比べてちょっと特殊に思えるよなー。ゲーテも研究していた光。色々読んでもイマイチよくわからない光。

そしてなにより面白かったのはギャラリーで放送されていた解説映像で、80分オーバーの長尺だったにも関わらず私たっぷり一周してしまいましたわよ。デカルトが座標を現実空間に当てはめたことがいかに画期的だったか、みたいな目からウロコの指摘がボンボン出てきて大納得。科学の歴史を学ぶ醍醐味って、ひとつひとつの技術的進歩だけではなくて、自分が当たり前だと思っていた世界観がかつて当たり前ではなく、だから今の自分の世界観もひっくり返され得るのだ、ってところに気付くことにあるよねー。

キングダム/見えざる敵

 

キングダム/見えざる敵 [Blu-ray]

キングダム/見えざる敵 [Blu-ray]

 

最近、こういうもっと割り切れないところに着地するべき作品が、エンタメ的にいかにもあるべき落としどころに落としてあるのを見ると、ゲンナリしてしまいますね。表面上はクロスカッティングで「敵を皆殺しにする」っていかにもわかりやすーい教訓を植え付けてありますが、そのわかりやすい結論に到るまでのアクションにゲンナリ。FBIはどんな危機になってもテロリストを殺しまくって目標を達成、仲間は捕らえれたけれども英雄的な主人公の活躍で怪我を負って生還、代わりに善人だった現地人を殺して友情描くことで「悪いのはイスラム教徒じゃない。テロリストだ」みたいなエクスキューズを補強、というこのまあいかにもハリウッドな構造の醜悪なことよ! 見えざる敵ってのは別にテロリストとかのことではなくて、こういう「世の中は勧善懲悪でできていない」とかいうメッセージを表面上は放ちつつも、しかし作品そのものは勧善懲悪で視聴者の感情を水面下でコントロールしている、映画の構造そのものなんじゃないですかね? いやわりとマジで。

とまあそういうめんどい話は置いておいて、サウジアラビアが舞台になっている作品ってあんまり見た記憶がなかったのでおーなるほどなーと思った。中東はホントゴッチャになってしまうので、石油利権をからめて1回ちゃんと理解しておきたいところである。

ピアノ・レッスン

 

ピアノ・レッスン Blu-ray HDリマスター版

ピアノ・レッスン Blu-ray HDリマスター版

 

あーうん、もういいや。なんでもいい。ストーリーとか置いておこう。好き。コスチュームものはそこそこ見てきた方だけれども、この映画のコスチュームが抜群に好き。ヒロインの年齢のちょうど良さとロリ娘の人形っぷりが溜まらん。体のラインを覆い隠してしまうこの時代のコスチュームのシルエットに興奮を隠せない。黒い色の衣服でスッポリ足元まで隠しているのが本当に良い。泥だらけの沼地をそんな衣装で歩いてしまうのが抜群である。素晴らしい。本当に素晴らしい。

ので普通そんな服を脱がせるとオレはオレはオレはいつも「なんで脱がせちまうんだー!」と憤懣やるかたなかったりするのですけれども、この映画は映画は映画はなんとネトラレでそれをクリアするというウルトラCを決めて私なんのAVかと思いながら大興奮してしまいました。娘含めてあんなに外部から覗く見せ方するのってズルくありません? ってか床下ワープしてるの面白すぎません? ハーヴェイ・カイテルに寝取られるのもうアレ絶対あそこで自慰行為してるでしょ。その後の過剰な夫婦ゲンカシーンも、あの裏切りの目撃からの時間差があるのが最高に素敵。焦らしって題字だよなあ。

いやはや、この時代の貞淑なヒロインの描き方が大好きな私としましては、本当に好きとしか言いようのない作品でございました。ってか脱衣シーンでクリノリンちゃんと写してるだけで「ハイ最高!」って感じですわ。

リボンの騎士 少女クラブ版

  

あ、これ少女クラブ版の方が前なのね。副題がつく書き方だからてっきりこっちの方が後なのかと思っていて、削ったにしては別に良くなってない展開はあるよなーと思ったんだけど、時系列が逆なら納得。無印の方が振れ幅もしっかりしているし、テーマの彫り込みも深いし、なによりメフィストフェレスの娘の描き方がだいぶキャッチーになっている。少女クラブ版こっちのはただ乱暴な飾りだけど、向こうはエロい。エロいのは大変大事である。逆算して考えてみるとこっちはワリとサックリ女性になって天使も天に戻ってしまっているから、その後作品のテーマとしてはもう少しそこを彫り込んだ方がいいって感じになったのだろうなあ。

それにしてもラストのガチャガチャっとした感じはつらいなあ。着地が難しい展開になっているのはわかっているけど、突然のウミヘビと人魚の登場で「えー!?」って感じ。そのあとの国の決着の付け方も大変都合が良くて、連載苦労したんだろうなあってのが感じられてしまう。せめてメフィストフェレスが力によって自滅するラストがちゃんと描けていて良かったなあ。

後全体を通してなんかよくわかんないのは笛のエピソード。全体の中でもそんなに意味がないと思うんだけど、無印でもやってたよね。あれって一体何なんだろうか。

 

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1

 

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1 (特装限定版) [Blu-ray]

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1 (特装限定版) [Blu-ray]

 

そ、そこをダイジェストでやるんかーい! いやまあ今思い返しても一番わかりやすくドラマをしていた良いパートだったけどさ……そりゃまあ話を跨いでそれだけ繋げればちゃんとおもしろくなるけどさ……なるけど……それでいいの?

いやー、しかし最初にアレだけ置き去りにされると、過去のドラマがいかにきっちりエンタメしていたかがわかるなあ。テレビ放映のはずなのに、構図のひとつひとつがちゃんとつくってあって、今劇場版的な視点で見ても全然遜色なく見れてしまったのはちょっとビックリした。再編集にあたって結構手が入ってたりするのだろうか? 1話の辺りの振り返りなんかはホントにビックリするほどキレキレで、AOを見るのは辛かったなあ、などと思い返してしまうなどする。なんだかんだ無印に思い入れあったんだなあオレ。

あと今見ると全然見え方が違うところも多々あって、ロボットをいかにして差別化するかみたいな所はようやく理解できるなあなんて思う。それとヒロインズのかわいさですね。オレこのキャラデザホントに好きだわ。ママのかわいさにもういちいちドキドキ。

で、見終わって「まあまあ良かったのかなー」という感想を軽く蹴り飛ばす予告編がズルい。サッカーは笑わざるを得ない。っていうかアネモネ。次アネモネくれ。頼む。頼むぞマジで。

リボンの騎士

 

[まとめ買い] リボンの騎士
 

アニメの再放送とかはちらほら見てたけど、ちゃんとストーリーを追いかけたのは初めてで、なかなかに先進的というか今も当たり前に通用しそうなテーマにかなりビックリしたのだった。ただ単に男装した女性の話だとばかり思っていたんだけど、肉体と精神のギャップによって自分のアイデンティティを失い悩む様が、こんなはっきり描かれているとは……しかもそれが単なる身体的な性の問題だけじゃなくて、国の仕組みを通じて社会的な性のところまで描いてるんだもんなあ。中盤で女性たちがサファイア隠してストライキしたときは、あまりの明確な主張にマジかと時代を疑ってしまったよ。ストーリーは複数の線が平行で走っている側面もあって、あーこのキャラこのタイミングまで忘れてただろーとか思うこともあるのだけれど、最後の引き延ばし展開で記憶を失わせたりする辺りを含めても、徹底的に「自分は何者か」というサファイアのテーマはブレることがなく、うーんすごいなあと思う。

あとはエロですね。エロ。手塚治虫の変態的なフェティシズムには今までも度肝を抜かれてきましたけど、今回はケモも合わさって震えます。万歳。ってかあの魔女の娘の人の役割エロすぎませんか? 役割もおいしすぎるしなんなんだあの魔性の女。あと途中で出てきた女剣士にはぜひそのまま百合展開で突き進んで欲しかった。本当にそうして欲しかった。

リベンジ・マッチ

 

リベンジ・マッチ [Blu-ray]

リベンジ・マッチ [Blu-ray]

 

こんなんもうジャケットで爆笑するじゃん。ずるいよこの座組。こんな二人でこんなコメディやられたらもう見るしかないじゃん。ってかスタローンが『ロッキー・ザ・ファイナル』より後にボクシング映画撮るとかもう絶対おかしいじゃん。デ・ニーロもなんでコメディアンやってんだよ。冷凍肉トレーニングとか勘弁してくれよそりゃ笑うよ。

イイ感じに力が抜けてる作品ではあるのだけれども、過去のパロディだけではなくちゃんと序盤の殴り合いが傑作コメディ担っているのが良いですね。出オチと思えたあの格好でヨボヨボの爺さんが殴り合いしてYouTubeにアップされてバズるあの展開は、なんの台詞も文字の説明もなく、アクションの連続でギャグシーンになっていて大変よろしい。アレがあったからこそ、その後のユルユル展開もニヤニヤしながら見られた感じはする。

にしてもさすがにデニーロの肉体もユルユルであったな。デニーロの役柄的にはあのくらいの塩梅がちょうど良いってことなのかしら。スタローンも頑張ってたけどやっぱ歳は歳よねえ。そんなヨボヨボジジイふたりが殴り合うラストバトルなんだけど、音楽と編集で一気に盛り上げにかかるダイジェストはなんか来るものがあるのだった。ロッキーで良くあるあの編集が、過去の栄光に縋るじじい二人の殴り合いでかかると、言語化しづらいんだけどジーンとしてしまう。いやあなんなんだろうなアレ。