読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

アダムス・ファミリー

 

ちゃんと腰を据えて観たことがなく、強烈な音楽はあるけれどもキャラで見せるだけのどうしようもない内容なんでしょ? なんて思って見始めてまあ確かにストーリーはどうしようもない。大体あいつの登場シーンで人間じゃないのが真相だって一発でわかるじゃん。ラストでひっくり返されたところでなんの驚きもないし、んじゃあそこに持っていく途中の侵入やら乗っ取りやらにすげえ面白さがあるかというとそういうわけではない。んじゃあキャラクター? いやでも最初のキャラ付けこそテンポ良くガツンとやってたけど、中盤以降のアイディアは基本的に足りず、観ていて結構ダルいよねー。

とは思いながらも全然楽しく観れたのは、いやコレマジで映像のおかげじゃないの? リアリティレベルやらライティングやら結構撮りづらい感じの作品だと思うんだけど、なんかこれメチャクチャ綺麗に映ってませんか? なんかいちいち映像に溜息が出ちゃうんですけど。どんな映像監督が……と思って調べたら、いや映像以前に監督が映像出身で、コーエン兄弟の名作メチャクチャ撮ってますやん。あーそして後にMIBとか撮るわけですねなるほど確かにOPテロップの感じが似てたもんなあ。

まあその、後はアレです、ウェンズデーです。ウェンズデーが素晴らしいのではい、彼女が動いてるだけで割と幸せです。あーウェンズデーに電気椅子されたいなあ……