ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

NHKスペシャル 映像記録 3.11~あの日を忘れない~

www2.nhk.or.jp

あー、これは事件から1年後に制作されたヤツなのね。結構技術的な検証になってるなーという感じもしたのだけれどもなるほどそういうことか。10年経ってこういう細かな検証はやらんもんなあ。そういう中で定期的に流れるのは大変良いことだと思う。

でまあ、やっぱり思うのは映像を撮る側の声のリアリティだよなあ。津波を前にカメラを構えている人、それと一緒に様子を見ている人の声が入るだけで、映像に対するのめり込み度合いが違うのは本当にビックリする。この心臓を捕まられるような感覚は、うーん、すさまじいなあ。

「避難所に行った人」「市役所に戻った人」で運命を分けて描いたり、あと写真の中に写っていた人が後ほど死んでいたことがわかったりと、そういう宙ぶらりんにしておいてグサッと刺すその演出は、まあ善し悪しはともあれ効く。かなり効く。そういう感覚を覚えさせるための意図的なやり方だよなあ。多分正しい。しんどいけど正しい。

しかしこの映像が定期的に再放送されるのは本当に価値のあることだなあと思います。こんなに説得力のある映像なんて他にないもの……いやあ……