ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

利休のかたち 継承されるデザインと心展

www.matsuya.com

ご縁があってお邪魔したんですが、そもそも利休の予備知識が少なすぎたのでうおーなんか見るもの聞くこと新鮮だぜーという感じ。「利休好み」「利休形」なんて単語からして全然聞いたことがなく、いや実際結構刺激になって面白かったです。ってかめっちゃシンプルでめっちゃ小さいのね。そしてその小さい中に色々差違があるのね。ふえー細やかー。花瓶とか中国の意匠がびみょーに入ったりもするけれど、なるほどこれは新しいスタイルだったんだろうなあと思いました。

あと面白かったのは茶室の説明ビデオで、あーこんなんなってるのかーと思いながらも「あれ? なんか似てるな」って思って調べたら、会津若松のお城の側にある茶室麟閣、あれってやっぱり利休に縁のあるものなのね。いやあこういう繋がりが見えると、日本史は途端に面白くなるなーと思いました。こんど『へうげもの』読も。

あとどうでも良いけど普段銀座松屋なんて行かないもので、その点も新鮮でした。お上品な和服のお姉様おばちゃまが集まる場所なのねー。デパート文化がそもそもよくわかってないので、なるほどこうやって集客してものを売るのかーと思いました。