読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

青い花

 

青い花 コミック 全8巻完結セット (Fx COMICS)

青い花 コミック 全8巻完結セット (Fx COMICS)

 

もうねえなんていうかそのありがとうありがとうありがとう志村貴子先生ありがとうありがとうありがとうこのマンガを読み終えたボクの心にあるのは感謝ただただただただ圧倒的な感謝ありがとうありがとうありがとう貴子先生こんなに素晴らしく素晴らしく素晴らしいマンガを世の中に生み出してくれて本当にありがとう何オレ本当にこれどうすれば良いの感謝の気持ちを表すためにはタカコの養分になるためにはマジでどうすれば? 買うの? もっと本買えばいい? そうだよねKindleだとあの息を呑むように綺麗な線がジャギって「ぎゃあああああ」ってなるもんねうんわかった一回全巻揃えて引っ越しの時に処分しちゃったけどやっぱりもう一回ポチるよ!

いやまあ私↓

hishamaru.hatenablog.com

の記事にも書いたように志村先生の大ファンで、っていうかそもそもこんなアイコンだし、アニメの『青い花』のBlu-rayも持っとりますし、コミック読めばこういう気持ちになるのは必定だったような気もするんですが、いやまあしかし案の定過ぎて笑う。オレの人生史上最高傑作で、いやもうこれ以外他のマンガなくても生きて行けそうです。

いやまあその「志村ファンだったならなんで今更『青い花』なんだよ?」と言われるとまあ確かにその通りなんですが、あのー、ありませんかその「本当に好きなものって怖くて読めない」現象。オレ、本当にダメなんです。好きなものって全然読めないんです。ずっとずっととっておきたくなるんです、はい。でもまあなんというか、そういう本も色んな心の動きの拍子でひょいと読めることがあってですね、それがなんか良くわかんないけど先日のことだったわけですよはい。

 

でね。『青い花』の話。

まあとにかく自分の百合観がビミョーなのはわかってるわけですよ。野郎が雑な理解で憧れているだけでジャンルの作品の核心にはたぶん全然触れられてなくて、たぶんこれ遠くからずっと眺める恋愛感情みたいなヤツなんだろうなーとは思うわけですよ。ページの1枚捲るたびに自分の身体感覚に根ざしてるだろう絶対に超えられない距離みたいなのを悲しいくらいに感じてしまうわけです。それは性差と言うよりもたぶん個人的な資質みたいなものなんだろうけど。

でもその距離こそが自分にとっては大変魅力的なわけです。自分にはない世界の感覚に恋い焦がれるわけです。それを遠くからそっと眺めているだけで愛おしくて愛おしくて堪らないわけです。なんなんだこの世界は。たぶん綺麗とか美しいとかそういう言葉とはちょっと違って、えー、なんだろうこの感覚は、と自分に問い直したとき出てきた言葉は「貴い」。

そう、貴いんです。

志村先生が切り取ったあーちゃんとふみちゃんの3年間と少し、入学から卒業のたったふたりの物語がとてもとても貴いんです。そこには色んな人間の喜びと悲しみと迷いと愛おしさが信じられないくらいの密度でぎゅううううっと詰め込まれていて、それらはあまりにも濃密で今にも弾け飛んで拡散してしまいそうで、でもそれらの物語はやっぱりたったふたりの物語に収斂していくんです。言葉にできないたくさんのたくさんのたくいさんの感情が行き違ってぶつかり合って傷つけあってわかり合って、でも最後にはたったふたりの純粋な感情に純化されていくんです。志村先生の! あのヨロヨロしてあっち行ったりこっち行ったりふーらふらーなあの物語が! あるべき中心に向かってあるべき姿であるべき愛を紡いでいくんです!

貴い! 貴い! 貴すぎる!!

タカコさんのは「とうとい」のタカー!

っていうか真面目な話こんなにド直球を志村先生が投げ込むとは思わなかったよ……百合は志村先生にこんな物語を書かせてしまうのか……信じられない……マジで信じられない……志村先生特有のイノセント少女が理解できない愛に悩み、真剣に向き合い、そして自分の気持ちに正直な行動を貫く(ロンドンで見せたあーちゃんの涙のなんと貴さ!)……という序盤の構造に実直な物語をその巧みな筆致で描きつつ、しかし百合の因果はイノセント少女がイノセントであることを許さず、彼女はとうとう嫉妬という感情を得てしまうのであるぴぎゃあああああああああああああ!!!! ぴぎゃあああああああああああああ!!!! ぴぎゃあああああああああああああ!!!! タカコはなんて残酷なんだああああああ!!!! そして!!!! その残酷さが牙を剥くのが!!!!!!!!! 卒業後の友人の結婚式なんです!!!!!!!!! 結婚式なんですううううううううううう!!!!!!!!! 永遠となった失恋の3年間の学園生活ではなく!!!!!!!!! 結婚式!!!!!!!!! なんてひどい!!!!!! なんて恐ろしい!!!!!!!!! タカコこわい! こわいいいいいいい!!!!!!!!!

有限の時間の中に永遠を見いだそうとするその妄執が百合を生むのだとすれば、あーちゃんは永遠のイノセントを捨てて嫉妬という感情を得て「成長する」ことではじめてふみちゃんと結ばれる。それはある意味逆説的だけど、有限の存在が永遠の何かを求めるならば、それはそもそもが逆接的な行為のはずで、ああ、なんて貴いんだ。貴い。貴い。