読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

貞子vs伽椰子

 

白石監督のPOV以外の作品を観るのは初めてで、正直不安だったんだけどまあ不安は的中したよねー。POV視点だから許容されていた部分のアラがどうしても目についてしまってどーもねえ。序盤は一応ホラーとしての体裁を整えた方が良いパートなので、どうもこうフラットな感じの画面作りやテンポの良すぎる編集にはションボリしてしまう。もうすこしじっくりと映画を作り込んでも良いと思うんだけど、貞子でもそういう現場じゃなかったのかしらねえ。

なんて思う一方で、最後まで見終わっての感想は結局「白石監督は本当に信頼できるなあ」ってことで、結局大満足な作品ではあるのだった。この監督らしい鋭いアイディアと以下にもな飛躍に加えて、「vs」の名にふさわしい両者の対決をしっかり押さえてあるわけで、まあそれらの利点に比べれば足りないところなんて些細なものだよね。CGのクオリティ上げたところで、この作品が面白くなるわけじゃないもん。こういう「vs」なお祭り企画で、それぞれの必須要件をきちんと満たした上で、「そこまでやっちゃうのかー!」というラストを成立させてしまっている以上、監督を褒め称えるしかありませんよコレはマジで。

にしてもさあ、構成で言うと『フロム・ダスク・ティル・ドーン』とかを思い出さなくもないけれど、どっちかっつーと同じ監督の『カルト』だよなあコレ。中盤以降でガツンとギアチェンジしていく展開は、vsのアイディア含めて『カルト』よりも良かったけれども、霊能力者のインパクトは大きく劣るよなあ。ネオさんの力はPOVだからこそ説得力が出たのだろうけれども、決して良作とは思えなかった『カルト』が観たくて観たくてたまらなくなる内容でした。