読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

シン・シティ 復讐の女神

映画

 

シン・シティ』は映画館で見たので記憶が遙か彼方で内容もすっかり忘れてるんだけれども、この作品単体に限ってみるとちょっととりとめがないよなあ。一応連作短編形式ではあるのだけど、それぞれの復讐が「シン・シティ」という共通の場によって辛うじて関連性を持っているだけで、パッチワーク感が否めないというか。別にこれらの作品をひとつにまとめて映画作品にする必要ってあるの? という感じ。魔性の女なり市長なり、中心に据えて物語を語る余地が充分にあるように思えるからこそ、それらが分断されて普通の復讐譚にまとめられてしまっているのが惜しい。こんなにキャラを使い捨てにする必要ないよなあ。その分1キャラずつの彫り込みが浅くて、切り取った思わせぶりな言葉が浮いちゃっている気もする。いやー、どうなんだろうなあコレ。まあ、ロバート・ロドリゲス監督の続編だからなあ、こんなもんなのかなあ。

それにしても相変わらずOPタイトルはかっこよくて、あのアメコミ調CGにバシッと字幕が決まるあの映像を見られただけで満足、というのはある。