読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

クラッシュ

映画

 

クラッシュ [Blu-ray]

クラッシュ [Blu-ray]

 

過去のアカデミー賞受賞作品を見返してて、なんかこの年は全然印象に残ってないなー、あーそういえばNetflixのリストに入ってたっけ? と思って見た。別に近年のアカデミー作品賞をあがめ奉ってるワケじゃないけど、なんだかんだ作品賞作品は押さえているので。

作品はいわゆる群像劇で、人種差別に対してのあれやこれやが視点を変えて色んな立場から描かれているんだけど、うーん、ちょっと脚本が厳しくないかなあ。群像劇って偶然と必然のバランスの取り方が難しくて、短期間でいかに作意をみせずに物語を展開させるかというのは重要だと思うんだけど、特に中盤以降の展開がドラマチックすぎてついていけない。中盤で大転換する点として車からの救出劇やるのは、まあ百歩譲って許すとして、でもその直後に扉閉まらず盗難あったら逆恨みで娘を打っちゃうとか、さすがにちょっとやり過ぎでしょう。ついでに何でもない階段落ちまでスローで大袈裟に見せちゃって、うーん、この過剰演出にはついていけないなあ。なんかこう、いかにも奇跡でイイ感じの群像劇を創ってみました、という感じ。

ってか、あー、アレか! 『ポール・ハギス』ってサイエントロジー映画に出てた人か! でも教義とかが作品の中に何か色を落としているのかとかはあんまりよくわからないなあ。アメリカに住んでいるとそこら辺も見えたりするのかしら。