読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

モンスターズ / 地球外生命体

 

モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]

モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]

 

怪獣映画、でありながらも身の丈に合わせた演出でロードムービーをやっていて、その演出プランが大変良い。怪獣の姿はタコだし期待値上げてもしょーがないので、冒頭でいきなりガツンと見せちゃうけれども、怪獣のいる世界の日常の細部を巧みに描きながら、視点者のふたりがモンスターに出会うまでを引っ張って引っ張って引っ張って見せるのは最高に良い。怪獣そのものより、視点者が怪獣にどのような反応を見せるのか、の方に興味があることもあるんだなあ……と感心しました。「志村、うしろうしろー!」的な。あー、視点と言えばこの監督の『GODZILLA』も、かなり視点にこだわった映画だったよなあ。

あとストーリーもポイントポイントがとても良くて、港の一晩の描き方が白眉。物語において決定的な転換点になるあの瞬間を、よくもまああんなに巧みに描けたもんだなあ。ラストのまとめ方はどーなのよ、泣けるほど美しい感じには撮れてないと思うよ、とかいうのはあるものの、いやはや、素晴らしい映画でございました。

 

でもさー、これPOVっぽい作品だよねー主人公もカメラマンだしさー、と思ったらWikipediaにはその旨が記載されていた。うんやっぱりそうだよね最近よく見てるからだけじゃないよね。この視点で物語を描くなら、POVってバッチリ填まりそうな感じがするし、だから逆に「なぜPOVではなくなったのか」ってのが不思議だったんだけど、 http://archive.fo/uDOSb あー、『クローバーフィールド』の影響なのか。あれだけ強烈な作品が出てしまうと、さすがにねぇ……