読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

帝都物語

映画

 

帝都物語

帝都物語

 

アニメとか小説とかは確か見てるんだけど、実写版は初めて。だけど感想としては「こ、これが実相寺昭雄……!」に尽きるかなあ。いやあ、なんなんだろうこの独特の感覚は。

明治大正昭和と東京の風俗を描くのも大変良く、いやーよくこんなん作ったなーと感心するのだけれども、その画が独特のライティングで映える映える。正直ストーリーが良く描けているようには全然全く思わないのだけれども、この作品だからこそ成立するようなスーパー劇的な映像を、まあなんだかんだ堪能しましたハイ。ってかあの尺で学天即のエピソードを実写で表現するとか、この画の勢いがないと無理だよなあ。

あとはなんといっても嶋田久作の存在感はすげーなー、というところに尽きます。もうバックグラウンドもサッパリわからないまま東京に災いをもたらすその存在が、物語の中心点として機能してるのが意味分からん。あの超人間的な雰囲気って、いったい何なんだろうなあ。最初の言葉の低いトーンでもう「うへええええ」となっちゃうもんなあ。全く年を取っていく感じのしない石田純一がコントに見えてむしろ可哀想なくらい。