読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

大日本人

映画

 

大日本人 初回限定盤 [DVD]

大日本人 初回限定盤 [DVD]

 

最近モキュメンタリーを結構見ていることもあって内容に閉口。クレーンからそのままドキュメンタリー的な手ぶれ追いかけカメラに移行するところまでやってるのを見ると、徹底していないカメラは恐らく意図的なものなんだけれども、そこのズレから生み出される感情が全く作品性に寄与しているように思えない。そういったベースの演出を徹底しないままラストのあれを行われても、いやどっからどこまでが意図した飛躍なのか全然わかんねーし、結局いつもの悪ふざけじゃねーの? とか思ってしまう。いやまああなたの現実に対する違和感やら観察眼やらは分かったけど、でもこの映画何かを否定したり馬鹿にしているばかりで、この映画ゼロからなにか価値のあるものを作ろうとする意図とか、それに対する敬意とか、全然なんじゃないの? 「いかにも無礼なマスコミ」の1カットを露悪的に描くことで満足しちゃって、じゃあそのマスコミをどのような位置に配置すれば効果的に機能するかとかどうでもよく思ってない? ってかなんでこんな中途半端なモキュメンタリーなの? なんなのあのオレにもわかるクッソちぐはぐなライティング? それともそのちぐはぐささえこの作品に対して必然性があるって理解なの? うーん、オレには全く理解できない。

一番面白かったのは板尾創路の芝居って、ヤバイと思うんだけどなあ。