読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

聲の形

映画

koenokatachi-movie.com

いきなりパフォームド・バイザ・フーとかもうズルすぎでしょう。なんすかアレ。ホントにズルい。

で、アレで掴んでもう怒濤の演出芸で見せる見せる。ここまで映像で物語を繋ぐのって、情報量のコントロールができるアニメだからこその表現で、いやーこれ実写じゃ基本的には無理だよねー。足だけとか後頭部とか、真ん中に対象物のないレイアウトの心地良いことったらありゃしない。いやまあストーリーの構造もくっそしっかりしてるし、刈り込まれてキャラクターを立てる台詞の数々も素晴らしいんだけど、いやまあなんだかんだ言って演出の映画でしょう。いやー、堪能しました、はい。素晴らしい。

マンガ的表現がちょっと映像のリアリティとミスマッチを起こしてる気がするなあ、という気はしていて、ブロッコリー頭の友人のギャグパートもそうだけど、作品で一番大事な「バッテン」の表現が、アニメの動画ではあんまりうまく処理されていないような。コミックだとたぶんアレで成立しちゃうんだろうけど、実写だとちょっと馴染まないよねえ……

とまあ、あら探しするにしてもそのくらいで、いやはや大変素晴らしい映像体験でございました。

 

ところでこの映画、確かいじめっ子の報いがどうみたいな話があったんだけど、それって物語の質感というか、「リアリズムとフォーマリズム」みたいな話なのかなーと思った。形式に寄れば信賞必罰を求めたくなるけれども、現実はそんな物語的なカタルシスをもたらすことばかりではないわけで。映像的な表現方法と物語的な落としどころに、齟齬を感じてしまうのも、まあ確かにわからんでもないなあ……