読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

マトリックス レボリューションズ

 

いやー最高に厳しいなこの映画。

映像的には確かにがんばっているのはわかる。見せ場はたっぷりたっぷり見せ場になっていて、まあこの過剰さそのものは嫌いじゃない。

んだけど、その過剰さにストーリーが食い込まないと、こんなに「へー」「ほー」「ふーん」で終わってしまうんだなあ……ビックリした。っていうかあのミフネの空回りっぷりがヤバイ。どういう感情を喚起させようとしているかはまあわかるんだけど、それがこの脚本で担保されるようにはこれっぽっちも思わない。

というか人間ドラマの取り方に工夫がなさ過ぎだよなあ。群像劇として成立させるだけの物語全体の工夫が足りないっていうか……三部構成にまでしてこのクライマックスを用意したのに、こんなに防衛戦に感情移入を誘われないっていうのは、そもそも脚本が厳しいんじゃないかなあ。

ラストの主人公の奮闘も、いやまあ確かに映像的には綺麗だねーとかすごいねーとは思うんだけど、なんかアーティストのイメージボードとかあとCGの技術見本を見ている感じ。雲を突き抜けたときの美しさ、みたいな情緒の部分にも共感できないんじゃ、やっぱりこの映画の全体の設計がマズいんじゃないかなあ、と思いました。

っつーかさ、ほんと、本人にも言わせてるけど、なんであの程度の困難でヒロインを死なせなければならないのかサッパリわからない。