読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

ビッグ・フィッシュ

 

とりとめもねー話だけどこれどうやって決着つけんだよ? と序盤はもう半ば呆れながら観ていたんだけどいやーさすがにまとめてきますね。というか序盤のとりとめのなさが映画にとって必要なものだったというのを納得させるお話だもんね。それはもうしょうがないよね。しょうもないディテールもティム・バートンの演出だったからこそなんとかクリアできたのかもしれないしなー。っつかあのスペクターのグルグルカメラやめれ。面白すぎる。

虚実と父子の関係を軸にこうやってお話を構成しておいて、父子の和解を虚で描きつつ、実で虚の出来事が再現される……というのはもう素晴らしい構造であり、指輪の下りも含めて大変気が利いているよなあ。子が虚を語り始めた時のおぼつかない感じまでちゃんと出ていて、やっぱりあのヨチヨチ歩きからスピードアップして大男みたいな気の利いたエピソードを差し込んで、という成長を描くことって大事だよなあと思った。

しかしラストは何か『マン・オン・ザ・ムーン』とか『おみおくりの作法』だとか、色々今まで観てきた映画を想起させられるシーンでありました。人生を語ることは即ち物語を語ることであり、人の死と虚実を扱う物語ってのは相性がいいのだろうなあ。