読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

パニック・ルーム

映画

 

パニック・ルーム [DVD]

パニック・ルーム [DVD]

 

あーこれデヴィッド・フィンチャーの映画だったんだ? なんかこの辺りのフライトプランジョディ・フォスターイメージが強すぎて、例のワンシチュエーションなアイディア映画だと思ってて、監督に気付かなかったよ。映画の中身を見るとCG交えた縦横無尽なカメラワークとか、確かにデヴィッド・フィンチャーだよなーという感じはするけれども、それにしたってこのストーリーはちょっと食い足りない。ドキドキハラハラはそこそこよくできてるけど、そこそこよくできてるってレベルで、映像的にはどうしたって派手にならないし、各キャラクターへの感情移入も微妙だものなあ。ま、人間ドラマがついて来たところでそれが面白さに繋がるような話でもないか。絶対に出入りできない部屋の中と外でストーリーを作る、という条件からこのくらいのストーリーができたことを、素直に賞賛するべきなのかしら?

警官のエピソードは結構好きで、あそこでちゃんと「瞬きとかで合図を」まで入れ込むのってとても大事だよなあと思った。

 

しかしWikipediaに書いてあった「ヒッチコックを意識」ってどこら辺なんだろう。全然わからん。ラストのめまいズーム? それより『現金に体を張れ』の方がよっぽど直接的に思い出したけどなー。