読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

ゴジラ対ヘドラ

映画

 

いやあ、こういうのちゃんと見なきゃダメですね。反省。

ワタクシ最初のゴジラの経緯とか漠然と知っているだけで、その後どのようなゴジラ映画が撮られてたかとかは全然追ってなかったわけですよ。で、これを契機に「公害テーマなのは知ってるから一応抑えとくかー」くらいの気持ちでヘドラを見始めたら、いやー驚いた驚いた。子ども向けになったとか口から吐いた反作用で空飛んだとかそういうの断片的には知ってたけど、こんなに怪獣プロレスしてたのは実際見ないと実感出来ないよねぇ。スケール感がなく俊敏に動くゴジラってのははっきり言って衝撃だったし、だから腕があんな角度で自由度高いのね、とか納得したりもした。ちゃんとそこら辺の経緯に触れておかないと、知ったかぶりで大変とんちんかんなことを言い出しかねないよなあ。

内容に関して言えばストーリーが大変軽視されていてショックだった。もちろん公害テーマで深刻な内容をやっているのはわかるのだけれども、声高に一辺倒に公害への非難を叫ぶだけで、それが物語の展開に全く生きていない。人間側の視点と怪獣側の行為がほとんど影響を及ぼしあってなくて、子ども視点で語られる意味が軽すぎるし、自衛隊の作戦も結局何の意味も持たないのは大変厳しい。外連味と見せ場で映画を作ってたんだろうなあ。確かに印象に残るシーンは少なくないもんなあ。

そうそう印象に残るといえば、主題歌がインパクト抜群。007なオープニングも含めて鮮烈すぎて……ヘドラの瞳と共にしばらく脳内フラッシュバックしそうです。