読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

キサラギ

映画

 

久々に観たがまあこれはやっぱり文句なしの傑作で、見終わって拍手をしてしまう勢いだった。序盤のくすぐりから中盤の推理パートにかけての創りもまあ正統派で、緊張感溢れる展開へとうまい具合にシフトチェンジしていくつくりは確かにうまい。

だけどやっぱりこの映画を「傑作」と言えるまでにしているのは、中盤はコミックリリーフ的に使われていた「俺部外者じゃん」という価値観の転倒であり、推理の中からあの価値観がずずずいっと前面に現れるあの展開が、中心に据えられたアイドルの行動原理と共にズガーンと現れるアレは本当に素晴らしいの一言。こんないい脚本良く書けたよなあ、と思う。

ラストの着地点にちょっと悩んでいるようにも思えたのだけれども、あそこであえてアイドルを提示して現実の存在として見せるあの展開も、やはり意図した効果は発揮しているよなあと思う。アレがなかったらやっぱり完璧過ぎるもんなあ。その落差をあえて出している所も含めて、やっぱりこの映画は終始アイドルを巡る映画だったのだなあ、と感心しました。