読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード

アニメ 映画

 

まずキャラクターがもう相変わらず素晴らしい。いやホントいいキャラデザで溜息しか出ない。映像的、というか所々の動画的には最高にステキで、うおーここをこういう風に見せるのはアニメしかできないよなーという場面が多々ある。基本的には「面白い!」と言いたい要素に満ち満ちている作品なのに、でも、観ていてツラさのほうが先行してしまうのはやっぱりストーリーのせいなんだろうなあ。

いや、別に大まかな流れはオーソドックスで個別の伏線も良く張られていて脚本レベルでは全然破綻がないと思う。ひとつひとつの目の前の問題を、伏線とアイディアで解決していくストーリーはとても心地良い。

不満なのはもうひとつ上のレベル、物語の多層構造とか舞台の設計とかそういう部分で、この構造は単純すぎてこの時間の物語を担保するのにはちょっと辛いし、舞台の設計は前作の大変明快な構造に比べて余りにもお粗末だ。物語的な充足というのはもうひとつ上の抽象的なレベルで得られるものなのだなあ。

またそういう視点で言えば、良い動画は物語の重要度に応じて割り振られるべきであるはずで、作品の根幹である「別れ」「和解」のパートが他のシーンに比べて特別な演出がされているようには思えなかったのも、乗り切れなかった理由なのかもしれない。