読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

バットマン

映画

 

改めてちゃんと観るとなんか色々すごい。ジョーカーという存在がもう全くもって意味不明で、行動のひとつひとつに必然性があるようでないようで、全然特殊な能力を持っているわけでもなく、普通ならどうやってもラスボスとして描くことは不可能だよなあ。でもそれがラストではれっきとした、というかもう他には代替が効かないような説得力を持つに至るわけで、いや、コレがティム・バートンっぽいといえばティム・バートンっぽさなのか。

しかしまあジョーカーに限らずストーリーでもオーソドックスなつくりとは言えず、例えばバットマンの正体告白シーンはアレだけ引っ張っておいてスルッと明かされちゃうし、いやあの工場への呼び出しは何の意味が? とか思っちゃうし、まあ色々不満というか「???」がある。あるんだけど、まあ、そこはそんなに問題にならない話だよなあと思ってしまう時点でもう監督の意図が成功してるのか。雲上に浮き上がって自由落下のあの画を撮れればまあいいか、みたいな。

ダークナイト』とかの強烈なメッセージ性をが印象に残っていて、最初は「これでいいのか?」とか思ってたけど、見終えるとまあこういう描き方でしか描けないものも確かにあるよなあ。

アメコミ好きな人から見るとどんな捉え方なんだろうとは思う。