読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

小説吉田学校

映画

 

小説吉田学校[東宝DVD名作セレクション]

小説吉田学校[東宝DVD名作セレクション]

 

 

廊下のシーンはさすがに印象的で素晴らしく、また嵐竹バックの望遠とか大変美しく溜息が出るけれども、基本的にはスケールの大きい話を画で語るのに苦労している感じがある。日本の民家はどうしてもこぢんまりした感じで政治家記号の芸者遊びに頼る感じがあるし、あと国会議事堂もあんまりうまいこと撮れてる感じがしないよなあ。閣僚会議なんかのおままごと感はなんなんだろうあれ。

『日本のいちばん長い日』でも思ったけど、やっぱこういう映画は「顔」の説得力が重要なんだなあと思う。吉田茂も悪くなかったけど、やっぱり三木武吉の印象がメチャクチャ強い。出てくるたびに思わず息が詰まって、もうあのキャラを見ただけでも満足って感じがする。

あと梅宮辰夫はホント印象に残るな邦画見ると。

 

にしても映画の前知識として、こういう時代の政治家について漠然とした印象がないのは大変ヤバいなあと思う。吉田茂の無理ゲーに挑んでった感やら後年の政界しがみつき感がどこまでフィクションでどこまでパブリックイメージなのか正直あんまりよくわからんのはオレが政治に疎いからだけでもないと思うんだよなあ。田中角栄を題材にしたエンターテインメント寄りの映画はもっと出ていいのではないだろうか。難しいのはわかるけど。