読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

織田信長

書籍

 

1~5まで完走。

とにかく序盤のキャラ付けが素晴らしく、歴史小説はやはりキャラクターが強いなあと思い知らされる。信長濃姫の丁々発止のやり取りを濃密に描きつつ、マムシ斎藤道三との戦場で通じる命を懸けた高度な気遣いの応酬に痺れる、第1巻が素晴らしい傑作だと唸らされた。

以降も相変わらず濃厚なキャラ付けと史実を元にした軽やかな展開で見せ、エピソードそれぞれも大変唸らされる書き方になっているが、如何せんその後の天下布武の行程は駆け足にならざるを得ないのがとても悔しい。武将をせっかく魅力的に描いても、その後のフォローがないのがとても物足りない。あんだけ強敵として描いた信玄・鷹山の死が呆気ないのはまあ史実だろうししょうがないかなーと思うんだけど、小説の展開としてはやっぱり肩透かしだよなあ。あと秀吉・家康・光秀に続いて印象に残ってる武将が松永久秀なのは本当にいいのか戦国的に。

戦国時代舞台のエンタメって今までほとんど触れていなかったので、信長の生涯を軸になんとなくの見取り図がとれたのは大変有益だった。