読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチラノ

死ぬほどどうでも良いわ…

キルラキル

アニメ

「山場だけで作品を作ったら情緒がなくなる」という作品だったんじゃないかなあ。意図的に薄っぺらく創られたキャラクターの向こうに何が見えるか試してみたら、世界を救う側ではなくてマコみたいなマンガマンガしたキャラクターに生が宿ったという感じ。インフレーションが物語的にも、演出的にも機能したのはせいぜい1クール目までであって、2クール目はちょっと追いついていない。ラストでなぜか本能寺学園に舞台が戻ってしまう辺りも含めて、そこは世界にアプローチするだけの舞台設計になってなかったんじゃないかなあと思う。
個別の演出は確かに面白く、絵的にも力が入っているのはわかるんだけど、それが物語と結びつけばもっとすげえものになったんじゃないかなあ。